wire choir - OLDCODEXの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

OLDCODEX
公式サイト
wire choir  ♪  OLDCODEX
作詞 : YORKE.
作曲 : Ta_2

手を離した導線が火花で闇を灯した
霧の先も見えるだろうか

冷めてく様な唇に指を触れて描いてる
この身体は震えて傷んだ

the misty rain mixed
herself without the existence
felt the lead
heavy feeling around the feet
続ける暇も意味は無いから

every time I got a bad feeling
about your gaze that you gave
eye to eye staring
そらさないで その視線は
淀みない答えを知る

夜に咲いて掲げていた称号儚くて
形の無い闇に溶けて知った傷の痕

錆び付いた時間だけが 光の粒凍り付いて
見えるものそれが全て

every time I got a bad feeling
about your gaze that you gave
eye to eye falling
目を塞いだ その情景も
望み通りな光景なのに

後には引けない事だって もう分かってる
今さら消えないよ 君の姿

every time I got a bad feeling
about your gaze that you gave
eye to eye staring
そらさないでその視線は
望みゆく答えを捕らえるだろうか

wire is you
choir will be


ミニ情報
アルバム「A Silent, within The Roar」収録曲
OLDCODEXの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
wire choir/OLDCODEXの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ