unsung - cinema staffの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

unsung-cinema staff
Jword cinema staff
公式サイト

unsung

 ♪ 

cinema staff

作詞 : 飯田瑞規
作曲 : cinema staff

微かな音を立てて 病室の窓を四月の風が叩いた
歳を重ねては 譲れない事や 手離せなくなる事もあるでしょうと

屋上から破り捨てたカルテは 今もまだ宙を舞っている

朝がやってくる前に 書き換えてしまいたいな
白衣を着た彼らも 嘆いてばかりはいられない
君がもう何一つ 恐れずにいられるように

冷たい指先で秒針に触れる 少しずつ戻していく
我が子を持てば 残したいものや 聞かせてあげたい歌があるのだと

膝を抱えて 季節は変わっても また此処で始めよう

確かに君は誰かに愛されているよ
痛みだけを取り除こうか

朝がやってくる前に 書き換えてしまいたいな
白衣を着た彼らも 嘆いてばかりはいられない
君がもう何一つ 恐れずにいられるように
大丈夫だよ


ミニ情報
アルバム「Drums,Bass,2(to)Guitars」収録曲
cinema staffの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
熱源
pulse
souvenir
メーヴェの帰還
波動
el golazo
diggin'
僕たち
エゴ
返して
unsung/cinema staffの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ