午後3時 - 新山詩織の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

新山詩織
公式サイト
午後3時  ♪  新山詩織
作詞 : 新山詩織
作曲 : 新山詩織

きっとあたし 気付いている
紅茶に入れた角砂糖みたいに
ほろりと 消えない気持ちだってこと

きっとあたし 知らないふり
通り過ぎようとしてる 君にさえ
耳を 澄まして見つめている

毎日はそう 変わらずに
時間だけが 追い越してく

素直になれば なるほどいつも
上手く行かない事ばかりで ああ

会話が弾んでゆくほどに
嘘つきの 自分が口から顔を出す

いつだってそう 期待して
気持ちだけが 取り残されるの

きっとあたし 気付いている
紅茶に入れた角砂糖みたいに
ほろりと 消えない気持ちだってこと

消えない あなただってこと


ミニ情報
アルバム「しおり」収録曲
新山詩織の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
午後3時/新山詩織の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ