太陽 小林太郎 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

小林太郎
公式サイト
太陽  ♪  小林太郎
作詞 : 小林太郎・宮崎歩
作曲 : 小林太郎・宮崎歩

太陽が焦げついてしまうほど
この街は欲望を赦した
描いた夢 奪われそうになって
仕方なく理想を壊した

裸の心で抱き寄せてみる
誰にも君を渡さない

愛したものを 一つも守れないで
生きていくその日々に 価値などないから
愛していくこと そのために全てを
投げ出してもいい
君だけは離さない

それでも時は流れてゆくから
人は皆 自分を見失って

そうやって僕も波に呑まれるなら
いっそ好きなように生きてやれ

なにもいらない そう叫んでみても
「綺麗事だね。」なんて笑われて終いさ

誰もが永遠を望み 日々を生きていくだけなら
僕らは違う たった“今”を望んでる
辛いこともあるさ だけど
裸の心で 君を

愛していく 太陽が焦げるほど
生きていくその日々に 価値などいらない
僕の全てを 何もかもをぶつけていく
例え何があっても 君だけは離さない


ミニ情報
アルバム「IGNITE」収録曲
小林太郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
小林太郎「太陽」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ