回遊魚 - TRIPLANE with DAISHI DANCEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

回遊魚  ♪  TRIPLANE with DAISHI DANCE
作詞 : 江畑兵衛
作曲 : DAISHI DANCE・江畑兵衛・守屋友晴

ひたすらを繋いで行く
非日常を繋いで行く
道の上 ぼんやりして
迷いそうで 悩みそうで

無数に見える枝分かれ
でも結局 道は一本かもなんて
揺れながら 惑いながら 元も子も無い
の繰り返しで

届きそうなものだけ掴んで
届きもしない未知の頂上へ
また藻掻いたり足掻いたりして
期待と現実を結ぶ

光ではなく 影でもなく 色でもない
そんな幻想を求めて
逃げながら 追いながら 綱を渡るように
僕も忘れ
切り貼りして リペアして 息をして
「過去」と「今」と「未来」を描く
飢えながら 酔いながら
僕を呼ぶ次の波へと乗り込む

うんざりして 放り出して
でも繋いで行く また繋いで行く
道の上 ぼんやりして
迷いそうで 悩みそうで

無限に見える可能性も
実はとっくに使い果たしているかもなんて
揺れながら惑いながらしては
本と末を転がして行く

意味もいらない 答えもいらない
そんな日常に少し妬きながら
何遍も振り返っては
足取りを証拠付ける

言葉ではなく 愛でもなく 恋でもない
そんな真実を求めて
懲りもせず 首の皮一枚ぶら下げて
朝を迎える
理などではなく 論でもなく
まして時流や伝統なんかでもない
知らぬ間に それなのに
僕を呼ぶ次の波へとまた乗り込んでいた

安らかな眠りのゴールまで
泳がせてよ 疲れ知らずなんだ
数えきれない優しさと温もりと愛情の渦を掻き分けて
音も無く ただ ヒレをばたつかせて
自由遊泳してんだ

光ではなく 影でもなく 色でもない
そんな幻想を求めて
逃げながら 追いながら 綱を渡るように
僕も忘れ
切り貼りして リペアして 息をして
「過去」と「今」と「未来」を描く
飢えながら 酔いながら
僕を呼ぶ次の波へとまた乗り込むんだ


ミニ情報
アルバム「Design」収録曲
TRIPLANE with DAISHI DANCEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
回遊魚/TRIPLANE with DAISHI DANCEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ