素顔のままで - ゆずの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

素顔のままで  ♪  ゆず
作詞 : 北川悠仁
作曲 : 北川悠仁

なぜか君が笑うと 僕の不安は消えてしまう
まるで魔法のように 時間が動きはじめるよ

くじらが空飛ぶ夢を見てた 境目のない海の向こうへ
哀しみどこかへ連れてゆくなら 残るのは真っ白な世界

そのままの君でいい 飾らない心で
涙も拭わず歩き出した
心配いらないよ ずっと見ているから
明日へ向かって 確かに僕ら今を生きている

二人似ているとこを見つけて 妙に嬉しくなって
そんな些細な喜びを 集めて暮らしてゆけるなら

どこかで見つけた赤い風船 誰かの想いを乗せてゆくよ
叶うかな 願いをこの次は僕らが 両手広げ見渡す空へと放つ

素顔の君がいい 変わらない微笑み
どんな日が来ても 消えないように
信じることに疲れ 何も見えないなら
大声で叫ぶよ どこにいても君の名を

寄せては返す戸惑いの波に 為す術もなく立ち尽くすとき
忘れないで辿った道程(みちのり)を そして一人じゃないってことを

そのままの君でいい 飾らない心で
涙も拭わず歩き出した
心配いらないよ ずっと見ているから
明日へ向かって 踏みしめながら
一歩ずつ一歩ずつ 確かに僕ら今を生きている


ミニ情報
ドラマ「僕のいた時間」イメージソング
アルバム「新世界」収録曲
ゆずの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
素顔のままで/ゆずの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ