もっと、いまより - 嵐の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
もっと、いまより  ♪ 
作詞 : youth case
作曲 : youth case

新しい季節が 何度も始まってゆくよ
もっと思うまま 変わり続けていたいから
それぞれの明日へ 今より輝いてる姿で

いつだって時代は 雨のち晴れさ 染み付いた記憶は脱ぎ捨て
息つく暇もなく回る世界で 触れてみたいものがあるよ

うつむいても不満を並べても この瞬間は巻き戻せない
いま僕に出来ることがあるなら 迷うことなく 飛び込んでゆく

この場所から見える 未来を確かめにゆくよ
どんなときだって 変わらぬものがあるはずさ
どこまでゆけるだろう? 僕らは同じ空を見上げて

忘れてしまいそうな 大切なもの ガラクタに紛れて光ってる
まとわりつく声は風に飛ばして 僕らのやり方でゆくよ

これから先 何が起こるのだろう? 考えたって分からないけど
いま僕が踏みしめるこの道を ただ真直ぐに 歩き続ける

新しい季節が 何度も始まってゆくよ
もっと思うまま 変わり続けていたいから
それぞれの明日へ いまより輝いてる姿で

流れる時間(とき)の中 確かなことは ただ僕はここにいる
動き続ける街の中で 夢のカケラたちを離さないから

この場所から見える 未来を確かめにゆくよ
どんなときだって 変わらぬものがあるはずさ
どこまでゆけるだろう? 僕らは同じ空を見上げて

空を見上げて


嵐の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
もっと、いまより/嵐の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ