誰よりも近くにいるのに doa 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

doa
公式サイト
誰よりも近くにいるのに  ♪  doa
作詞 : 徳永暁人
作曲 : 徳永暁人

50センチ四方の枕に寄り添い 外は夕立の騒音
もう少しここに居ていいという感じに フタが閉められた午後

頬に君の髪が吸いついて 短く区切る会話 つなぐ糸

誰よりも近くにいるのに しびれるような一瞬さえ惜しくて
張り裂けそうな本音と悲鳴を 伝えたくて
どちらからでもなく抱き合う

時計を外した腕に時間はなく 季節さえ止まったかのよう
点滅してる無様で根深い不安を 洗い流せるものはなに

いつかは全て消えゆく世界で ふるえるほどなくしたくないものがある

誰よりも近くにいるのに 肝心なことだけ言葉にならなくて
燃え尽きそうな赤い炎を 守りたくて
どちらからでもなく重ね合う

深い深い海の底から まるで遠い水面を見上げているよう
声が白く泡になって ひどく聞き取れないまま 消えてしまいそう

苦しみが交差する視線の先で 濡れた言葉でもいいから 綴ってよ

誰よりも近くにいるのに しびれるような一瞬さえ惜しくて
張り裂けそうな本音と悲鳴を
伝えたくて どちらからでもなく抱き合う

雷鳴が どこからでもなく響いてる


ミニ情報
アルバム「WANTED」収録曲
doaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
doa「誰よりも近くにいるのに」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ