JJに借りたもの - AKB48の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

JJに借りたもの-AKB48
Jword AKB48
公式サイト
JJに借りたもの  ♪  AKB48
作詞 : 秋元康
作曲 : 鵜島仁文

落書きだらけの地下鉄が
地上を走った数分間
俺たちが生まれたハーレムが
楽園に見えるよ

壊された消火栓までが
変わっていない街
歩けば仲間たちが
ハグを求めて来る

JJに借りを返しに来た
ガキの頃の話さ
あいつのことだから
もう何も
覚えていないだろう
奴に借りを返しに来た
ずっと気になっていたんだ
忘れててくれりゃすぐ済むさ
ビールを飲んで帰ろうかな

あの頃の俺たちのような
ガキたちがタイヤを焼いてる
誰も住んでない廃墟なのに
洗濯物がいっぱい

建前と本音があるのは
どこの街も同じなんだ
イリーガルな世界にも
守るべきルールがある

JJに会わないわけにいかねえ
いつからか思ったよ
大人になったから
今なんだ
俺は決心した
奴に会わないわけにいかねえ
妻と娘に電話して
何も言えぬまま切ったのは
俺に守りたいものができたのか?

懐かしいあのバーで
近況で盛り上がって
あの夜の拳銃の
トリガー引いた

JJに借りを返したんだ
俺の念願だったけど
大人になってから
どうでもいい
忘れそうになったよ
奴に借りを返したんだ
やっぱり許せなかった
大事にしていたプライドは
ガキの頃からずっと変わらねえ


ミニ情報
アルバム「次の足跡」収録曲
AKB48の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
点滅フェロモン
あの頃の五百円玉
願いごとの持ち腐れ
イマパラ
前触れ
アクシデント中
誰のことを一番 愛してる?
シュートサイン
気づかれないように…
青くさいロック
JJに借りたもの/AKB48の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ