必要惡 - 葵-168-の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

必要惡  ♪  葵-168-
作詞 : 葵
作曲 : 後藤次利

真昼の月ね 浮かんで消える あなたのきまぐれ
守りたいなら 隠してよ ほら ふたりの足跡

暗い 森の中 嘘を 絡ませて
息を潜め 闇に紛れ 何度も 抱きしめて

愛 揺らめいて 儚き姿 蜜が如し
愛 揺らいでは 傾く姿 修羅の調べ

燃え上がれ 燃え上がれ 危ういほど 強く
この夜は 綱渡り 墜ちるときも 一緒よ

砂上の城ね 寄せては返す 波間に目覚めた
壊さないから 感じてよ ほら ふたりの秘密を

白い 海の中 熱を 絡ませて
溺れながら 藻掻きながら 何度も 突き刺して

愛 揺らめいて 儚き姿 蜜が如し
愛 揺らいでは 乱れる姿 修羅の調べ

戻れない 戻れない 危ういほど 深く

愛 揺らめいて 儚き姿 蜜が如し
愛 揺らいでは 狂へる姿 修羅の調べ

燃え上がれ 燃え上がれ 危ういほど 強く
この夜は 綱渡り 墜ちるときも 一緒よ


葵-168-の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
必要惡/葵-168-の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ