プラネタリウム - ギルドの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

プラネタリウム  ♪  ギルド
作詞 : RYUICHI・呉龍彦
作曲 : RYUICHI

音も無く瞬く
幾億の光たち
微かに聞こえる
潮騒の音

繋いだ 右手から
感じた温もり
あどけない 永久の夢を
君と見た

まるでプラネタリウムの空でした
怖いほど綺麗な夜でした
流れ星を二人で数えた
それは永久を見つめてた夜でした
もう見失わないと
誓った夜が微笑んでた on milky way

毎年 必ず
逢えるなら まだいいね
七つめの夕暮れ
約束の夜

ほどいた 右手から
こぼれてゆく砂
ありえない 永久の夢を
まだ見てる

まるでプラネタリウムの夢でした
曇ることなんて無い空でした
流れ星が涙みたいだね
それは永久に迷い込む夜でした
ずっと離さないよと
願った夜が明けてしまう on rainy way

まるでプラネタリウムの空でした
怖いほど綺麗な夜でした
流れ星を二人で数えた
それは永久を見つめてた夜でした
もう見失わないと
誓った夜が微笑んでた

まるでプラネタリウムの夢でした
ドアを開ければ消える蜃気楼
流れ星が涙みたいだね
それは永久に迷い込む夜でした
ずっと離れないよに
願った夜が明けてしまう on milky way


ギルドの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
プラネタリウム/ギルドの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ