そのままの殿でいて - 森山直太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

森山直太朗
公式サイト
そのままの殿でいて  ♪  森山直太朗
作詞 : 森山直太朗・御徒町凧
作曲 : 森山直太朗・御徒町凧

ふてくされた横顔 眠たそうな眼差し
コホンと咳一つ 鶲(ひたき)鳴く日暮れ

手に入れた物すべて 捨ててもかまわない
あなたが光なら わたしは影がいい

オーロラは知りませぬ 字(あざな)などいりませぬ
触れ合うよりも 見つめていたい
祈りは揺れる 灯籠の影
嗚呼 そのままの そのままの殿でいて

新緑に萌ゆる 五月の空の下
乱れそうな心 水面に誤摩化して

サララと音もなく 名付け得ぬ日々よ
舶来のキセルから 燻る白糸

ビロードの着流しで 天(あま)つ空駆け巡る
燃え盛る炎さえ 涼しく微睡んだ
祈りはいつぞ 闇に消ゆるだけ
嗚呼 そのままの そのままの殿でいて

オーロラは知りませぬ 字(あざな)などいりませぬ
触れ合うよりも 見つめていたい
祈りは揺れる 灯籠の影
嗚呼 そのままの そのままの殿でいて


ミニ情報
アルバム「自由の限界」収録曲
森山直太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
そのままの殿でいて/森山直太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ