この雲の果て - 今井麻美の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

今井麻美
公式サイト
この雲の果て  ♪  今井麻美
作詞 : 今井麻美
作曲 : 濱田貴司

そっと隠した涙 ずっと涸れてるなら
きっとボクらはまだ 何も知らないままでいい

信じ続けることが もっと追い詰めるなら
そう革命の灯は 近づいてると気づいた

期待はずれの世界が流され 失くした翼たちと甦り 飛ぶさ

この黒い雲の果てまで 傷ついた身体を震わせながら
誰も辿り着いた事のない地へ はじまりの朝は来る

やっと動き出した ボクらの世界で
ふっと消えてしまった 足りない何かを探す

ぐっと握った手を 開いてみたら
守るべきものらが ここにあったと気づいた

今を信じて 疑うことなく けれど未来が全て許すはずもない

月・風・星・空・太陽 どんな希望の種子も闇にのまれ
もがき苦しんだあの日を思えば 生きる意味を導く

抗う術もない腐った果実でさえ 流れて転がり芽を息吹かせてゆく

この黒い雲の果てまで 傷ついた身体を震わせながら
誰も辿り着いた事のない地へ はじまりの朝は来る

この広い空の先まで 例え力尽き 散ることがあっても
やがて命は繋がり巡るはずさ 終わりのはじまりへと


ミニ情報
アルバム「この雲の果て」収録曲
今井麻美の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
この雲の果て/今井麻美の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ