Butterfly Core VALSHE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

VALSHE
公式サイト
Butterfly Core  ♪  VALSHE
作詞 : VALSHE
作曲 : minato

影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いて
重なり合う声がいま闇を振り払った

張り付いた汗を拭って 逃げ回るライトを蹴った
悲しみに撃たれた今日の傷跡かばうように
焦るほどに遠くなって 理由(わけ)もなく意味を探して
幼さの裏に隠した ゆずりたくない感情(おもい)に

気づいたなら 見失わないように
誰かを守れるともっといま信じたい

影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いた
君に見せる偽りの全てが嘘じゃないだろ
迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから
この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように

晴れの日を酷く嫌って 雨の日の空を憎んだ
波打ち際で逆らって記憶ごと消し去れば
見えないものを疑えば 正しさも見えなくなって
許されただけと嘆いた 見切れないままの日々も

守っていく 誓う言葉はいらない
誰かのせいにした日々を破り捨て

銀色の羽根を背負って嵐の中で生きていく
誰の目にも触れないまま終わりに出来やしないだろ
ボロボロになった代償なんて 舌を出してくれてやる
この心で誰よりも高く飛んでみせるから その目で見ろ

影を舞う蝶の鼓動が静寂の海を裂いて
重なり合う瞬間の残光を焼き付ける
赤く染まる月 彼方へきっとたどり着くと決めたから
何も変わることなくても 何も伝わらなくても
迷うたび捨てた答えもきっと 選ぶ日はまた来るから
この心は誰よりも熱く燃やし続けよう 消えないように


ミニ情報
アニメ「名探偵コナン」オープニングテーマ
アルバム「V.D.」収録曲
VALSHEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
VALSHE「Butterfly Core」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ