まえがき - amazarashiの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

まえがき-amazarashi
Jword amazarashi
公式サイト
まえがき  ♪  amazarashi
作詞 : 秋田ひろむ
作曲 : 秋田ひろむ

上手く逃げおおせたと思っても 夕暮れ時の影みたいに付きまとう
不確かさは自身の背丈をこえて もはや死神の類いだ
心ならずとも流れ流れて どうせ戻れなどはしないのだ
自身の弱さや不成功を顧みる 青の時代はとっくに過ぎたのだ
ひぐらしの声が 遥か遥か遠く
風が吹けば飛ぶよな、惨めな決意だが
触れたくても触れられないもの 消したくても消せはしないもの
どっからどこまでが自分で どっからどこまでがあんたで

――――懐かしい感傷と呼ぶには 煤けすぎた失敗達と
行こうか行かざるかにあえぐ これからのあんたへ捧ぐ


ミニ情報
アルバム「あんたへ」収録曲
amazarashiの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ヒーロー
命にふさわしい
幽霊
数え歌
星々の葬列
明日には大人になる君へ
虚無病
メーデーメーデー
僕が死のうと思ったのは
タクシードライバー
まえがき/amazarashiの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ