トランスルーセント - 藍坊主の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

藍坊主
公式サイト
トランスルーセント  ♪  藍坊主
作詞 : 佐々木健太
作曲 : 佐々木健太

まるで群青が天体から降り注いだような虫の声を聞いた。
気のせいなのか、すぐにそれは奇妙に折れ曲がった調子で、地下鉄に消えた。

軋むレールと、故郷の風景が、混じり合った、半透明の視界。

シャランフェー シャランフェー シャランフェー
タラントロン タラントロン ファランソロン ファランフォロン シャララン、、、、。
染まって、乾いて、泳いで、揺らいでる、消えてく、心を、私を、明日へ留めるアナザーワールド。

独特のリズムで、ゆっくりと早く、確実に、全てが進化する。
体の長い節足動物が、キシキシと土を噛みながら進んでゆくように。

都会の異臭も、今では慣れた、吹き付ける、地下鉄の風も。

染まって、泳いで、染まって、揺らいでる、消えてく、心を、景色を、明日へ。
繋いで、繋いで、繋いで、絡める、絡まる、心を、私を、世界に留めるアナザーワールド。


ミニ情報
アルバム「S/Normally」収録曲
藍坊主の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
トランスルーセント/藍坊主の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ