最後のあした - THE RiCECOOKERSの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

最後のあした  ♪  THE RiCECOOKERS
作詞 : 藤井恒太
作曲 : 藤井恒太

地平線を巻き込んで
砂埃上げて走る
鳥ならとっくに
飛ぶことをあきらめたようだ
静かにその時を待っている

最後の夜が
もうすぐ明ける
何もなかったかのように
おまえを乗っけて
どこまで行けば
何もかも忘れられるだろう?

ガソリンも残りわずか
燃え尽きるには丁度いい
世界はとっくに
泣くことをあきらめたようだ
この日が来るのを待っていた

最後のあしたが
晴れるかなんて
もうどうでもいいだろう
おまえを乗っけて
どこまで行けば
何もかも許されるだろう?

まるで覚めない夢を
見ているかのように
行き着く先は…

最後の夜明けが
追いつく前に
願いが一つ叶うなら
おまえとこのまま
朝日を待たずに
星とともに消えよう


ミニ情報
アルバム「PIED PIPER」収録曲
THE RiCECOOKERSの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
最後のあした/THE RiCECOOKERSの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ