aino uta - 織田哲郎の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

織田哲郎
公式サイト
aino uta  ♪  織田哲郎
作詞 : 織田哲郎・鈴木淳一
作曲 : 織田哲郎・鈴木淳一

どこかで今も聞こえる愛の歌
悲しみこらえるように
夜明けまで続いた

夢見たすべては形を変えてゆく
だけど最後にひとつだけ
信じられればそれでいい

言葉にすればいつだってありふれた話ばかりなんだけれど

そんなひとつひとつ僕らには悲しくて嬉しくて
輝きを刻み込んだまま
僕が生きていたそのことをその日々を君だけは知っている

夏の日 南風の匂いと痛み
空の色と戸惑い それは小さな奇跡

誰かが今も歌ってる愛の歌
ずっと慈しむように
夜明けまで続いた

言葉にすればたいして面白い話なんて特にないけれど

そんなひとつひとつ僕らには楽しくて悔しくて
輝きを刻み込んだまま
君が生きていたそのことを誰よりも僕だけは知っている

君と生きていたその日々は永遠の風に舞う愛の歌


ミニ情報
アルバム「W FACE」収録曲
織田哲郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
aino uta/織田哲郎の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ