lull 〜そして僕らは〜 - Rayの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

lull 〜そして僕らは〜  ♪  Ray
作詞 : 川田まみ
作曲 : 中沢伴行

肩をさらった 淡い潮風
駆ける 小さな背中を
僕は黙って ただ見つめてた
踏み出せない 狭間で

柔らかい日差し包む教室には
飾った写真達が 笑ったまま

止めどない明日に変わらない僕たちを
凪ぐ水面の先 どこまでも映して
このままでいい
その瞳に揺れてた儚い想いも
そっとしまって…

波が打ち寄せ 引いてゆく
心 距離はかるみたい
君の気持ちが知りたいけれど
触れた手を 払った

昇ってく水の泡 弾けそうな
危うい時が刻む 互いの夢

止めどない明日に変われない僕たちは
凪ぐ水面の上 漂う蜃気楼
守りたいだけで…
そう言いかけてつまる言葉が
届かない 夕暮れの海

この坂道登れば広がる
何気ない日々が また違って
水鏡照らす 光跳ねて
今が特別に感じた

止めどない明日に変わらない僕たちを
凪ぐ水面の先 どこまでも映して
またその場所で
輝く笑顔見続けたいよ
必ず 約束しよう


ミニ情報
アニメ「凪のあすから」オープニングテーマ
アルバム「Milky Ray」収録曲
アルバム「Happy days」収録曲
Rayの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
lull 〜そして僕らは〜/Rayの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ