彼女といえば - 音速ラインの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

彼女といえば-音速ライン
Jword 音速ライン
公式サイト

彼女といえば

 ♪ 

音速ライン

作詞 : 藤井敬之
作曲 : 藤井敬之

深呼吸して 何かを吐き出した
声にならない 時代のウソと
変わらずにいて 誰かが言ったけど
叶いませんよって 笑い飛ばしてた

辿り着けない週末も
見つかりにくい生活も
掛け替えのない瞬間も
いつも君がいてくれて
わかりあえない夏の日も
愛しさ募るそんな日も
素直になれない雨の日も
いつも君がいてくれた事

夏の終わりの地下鉄の風
交わる様にDNAが
呼び合えば ほら 答えは待っていた
君に出会えて 僕になれた事

失くした夢の途中にも
星さえ見えない冬の日も
諦めかけてた春の日も
いつも君がいてくれて
風に吹かれて消えそうな
繰り返される毎日の
まぶたの裏にはいつだって
君が側にいてくれた事

さよなら さよなら もう行かなくちゃ
さよなら さよなら 手を離して
もう一度 もう一度 抱きしめるために
さよなら さよなら 手を離して

いつも 君と 二人 笑い合えた日々にありがとう
忘れないでこんな風に
君を思い出せる歌を


ミニ情報
アルバム「from shoegaze to nowhere」収録曲
音速ラインの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SO-MA
アネモネ
run run run
ウーロンハイ
虹色の舟
だってネットに載ってたもん
光のその先へ
KOZONO3sts
答えはいつも
思春期だから
彼女といえば/音速ラインの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ