刻の透かし絵 - 吉岡亜衣加の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

刻の透かし絵-吉岡亜衣加
Jword 吉岡亜衣加
公式サイト
刻の透かし絵  ♪  吉岡亜衣加
作詞 : 上園彩結音
作曲 : 鶴由雄

清(すが)やかな絆で 浅葱の空へ祈り、繋ごう

声の彩(いろ)で分かり合うほど
同じ夢に集ひし日々よ

記憶の襖を 開けるたび風が
出逢えた由縁(わけ)を謳(うた)う

不器用な一途さこそが真実(まこと)の強さと
あの日 気づかせてくれた

麗(うら)らかに耀(かがよ)う 木洩れ日の眼差しで見守る
…それぞれの想いの透き間埋める 光になりたい

果てなき途(みち) 何処へ往こうと
今、此処が決めた場所だから

願いは欄間の透かし彫りに似て
熱く 魂(いのち)象る

太陽も雨雲さえも抱く空に焦がれ
涙 怖れず纏(まと)って

誇らかにたゆたう この刻(とき)がとこしへであるやうに
…笑い声 響かせ 明日の向こうも 幸で染めたい

清やかな絆で 浅葱の空へ誓い、束ねて
…この胸の透かし絵 共にかざせば 希望 生まるる


ミニ情報
アルバム「ひだまりの中で」収録曲
吉岡亜衣加の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
静かなる奔流
旅立ちの時〜未来へと〜
YELL
薫り語り
薄氷祈り
アコガレ玉手箱
逆転のウヱーブ
くす玉ハート
デイジー
嵐の中で咲く華
刻の透かし絵/吉岡亜衣加の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ