雨降る5月20日 CLIFF EDGE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

CLIFF EDGE
公式サイト
雨降る5月20日  ♪  CLIFF EDGE
作詞 : JUN・SHIN
作曲 : 3rd Productions

出会いは桜咲き誇る季節
人ごみの中 君ばかり見てる
一目惚れなんてしない俺が
君の姿に期待寄せた
少し派手な見た目
でも無邪気に笑う君がいたね
純粋なその笑顔に惚れた
桜の下で…

君の誕生日 初めてのデート
ピンク色に染まる江の電
木のベンチ 重なる手と手
心開きだすいっせいのせ
元カレに裏切られた話聞いた
恋に臆病なはずの君が
俺に言った「信じてみたい」と
想い重なる 5月20日

五月空...
思い出すこの季節この香り
今年も雨降る 5月20日
鍵かけたはずなのに
思い出が蘇る
君との出会いの季節になると

信じられなかった秋
君は縛ること覚えた
ずっと背中合わせの冬
切ない涙こぼれた
迎えた3度目の春
君の誕生日そして2人の記念日
みなとみらい向かう車の中
携帯に元カノから着信

見知らぬ人を見るような目で
電話に出ない俺の目の前で
「信じてたのに」真っすぐな目で
君は言い放ち 車から降りた
財布から取り出したプリクラ
俺に投げつけ街に消えた
二人が滲んでいた
土砂降りの雨降る5月20日

五月空...
思い出すこの季節この香り
今年も雨降る 5月20日
鍵かけたはずなのに
思い出が蘇る
君との別れの季節になると

あんなにも笑って
あんなにも喧嘩して
あんなにも愛してた
初めてだったよ
今 胸が痛むのは
本気だったこの証
もう二度と戻らない

今思えば…
口うるさいんじゃなくて本気だった
今思えば…
わがままじゃなくて素直だった
今思えば…
嫉妬深いんじゃなくて寂しかった
あの時気づければ...
もう遅かった...

五月空...
思い出すこの季節この香り
今年も雨降る 5月20日
鍵かけたはずなのに
思い出が蘇る
君との別れの季節になると

さよなら...
過ごした この季節この街に
あなたが今でも離れないから
遠ざかる この恋は
戻らない 分かってる
さよなら さよなら 忘れないよ


ミニ情報
アルバム「Diamond Stars」収録曲
CLIFF EDGEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
CLIFF EDGE「雨降る5月20日」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ