鳥 PERIDOTS 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

 ♪  PERIDOTS
作詞 : タカハシコウキ
作曲 : タカハシコウキ

昔々ある森に
赤い嘴の美しい鳥が一羽棲んでいました
羽は風を孕み
時に青色や朱色にも黄金にも見えたそうだけれど

誰の目にも触れることなく
ひっそり死んでった

都会の小さな少女がそんな夢を見た

少女は鳥に名前をつけた
短いけれど美しい名前だった

少女の胸の中で
その鳴き声は響いてた
いつまでも
まるで棘が刺さったように


ミニ情報
アルバム「concourse」収録曲
PERIDOTS「鳥」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
PERIDOTSの人気曲 この歌手の人気曲一覧

Something Like Love♪ノートの臭いを嗅ぎながら
②鳥♪昔々ある森に 赤い嘴の美しい鳥が一羽棲んでいました
Broken Heart♪来た道を戻っていく 悲しい背中をした青年
ホーム・ムーヴィー♪さぁ、そろそろ買い物に行こう
Ho!♪泡と消え 残ってないものまで僕に全てくれ
Rush♪彼岸花が咲いてトンボが夕陽に散った
某月某日4時♪某月某日 4時 東京の自宅にて
concourse♪野生の孤独たち 照れ臭い命よ
春風、吹かれたら♪空色の金平糖 薄い文庫本を開いては閉じて
YOU ARE THE SONG♪いつまでたっても抜けない訛りが

PERIDOTSの新曲 この歌手の新曲一覧

Something Like Love♪ノートの臭いを嗅ぎながら
Broken Heart♪来た道を戻っていく 悲しい背中をした青年
ホーム・ムーヴィー♪さぁ、そろそろ買い物に行こう
Ho!♪泡と消え 残ってないものまで僕に全てくれ
Rush♪彼岸花が咲いてトンボが夕陽に散った
♪昔々ある森に 赤い嘴の美しい鳥が一羽棲んでいました
某月某日4時♪某月某日 4時 東京の自宅にて
concourse♪野生の孤独たち 照れ臭い命よ
春風、吹かれたら♪空色の金平糖 薄い文庫本を開いては閉じて
YOU ARE THE SONG♪いつまでたっても抜けない訛りが

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ