Purgatorium Cerberus 森部佐茅(斎藤千和) 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Purgatorium Cerberus  ♪  森部佐茅(斎藤千和)
作詞 : 松井洋平
作曲 : 西添健(Arte Refact)

何を視(み)てしまったんだい?
窪むその瞳、穿つしかないねっ!
識(し)らなければ存(ながら)えただろう
別に憐れみも無いけど

静かに光った刃(やいば)の露の
色彩(いろ)が幾度紅く変わろうとも…

たった一つの護るべき存在に
見せられないね…薄汚れた世界なんて!
綺麗に清掃するために携えた箒で祓うさ
価値のない穢(けが)れなど塵も残さず掃き去るよ

何も必要(いら)ないはずだった
濁るこの瞳、拭われるまでは
読まなければ無かったのだろう
生きることに意味なんて

口端(くちは)に留(とま)った言葉の誘(いざな)い
歌い、踊り、濯(あら)おう…魂まで

置き去りにした誇りさえ代償さ
換えられないね…その手が綴る文章に!
燻(くゆ)らす煙、霽(は)れるまでに片すさ
しょうがないじゃないか…出逢ってしまったんだよ
命、捧げる運命に

拾うのは過去の欠片さ、一礫(ひとつぶて)さえも残さず
履いて!棄てる!それが私の意味!

護るためなら煉獄に繋がれた犬でもいいさ
たった一人のための!
何も遺さず冥土へ祓ってやるよ…識らなきゃよかったね?
価値のない穢(けが)れなど塵も残さず掃き去るさ!


森部佐茅(斎藤千和)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
森部佐茅(斎藤千和)「Purgatorium Cerberus」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ