薔薇娼館 ALI PROJECT 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ALI PROJECT
公式サイト
薔薇娼館  ♪  ALI PROJECT
作詞 : ARIKA TAKARANO
作曲 : MIKIYA KATAKURA

濃紅へと沈む夕べに
土に撓まぬまま
少しずつ朽ちるのは

また一片の花弁
また一輪の薔薇
蒼ざめ浮き立つ
かつての純白

まだ薫りは仄かに
まだ記憶を留めて
すべて甘やかに
忘れよと告げるように

いま私は妬ましい
花の季が

硝子を伝わる水滴眺め
凍えることのない
肌を抱く爪は棘

指先を触れもせず
囁きも交わさずに
遠離る影を
目を閉じ追っても

瞳から植えられて
胸の奥で何度も
開こうと藻掻く
一塊の赤い芽を

恋と呼んで
慈しめばいいのですか

まだ一片の花弁
まだ一輪の薔薇
外は騒ぐ風
通り過ぎる修羅

なお薫りは立ち罩め
もうひとつあとひとつ
この身の代わりに
散り果ててゆくがいい

溜息も零さずに
叫び声も上げずに
ただひとりの名を
塗り込め差す紅

ここは蔦の蔓延る
熱の籠もる温室
咲きも枯れもせぬ
わが薔薇だけの為の

誰かの手で織り込まれた
造花のような


ミニ情報
アルバム「令嬢薔薇図鑑」収録曲
アルバム「愛と誠〜YAMATO & LOVE×××」収録曲
ALI PROJECTの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ALI PROJECT「薔薇娼館」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ