少年は旅の最中 - かりゆし58の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

かりゆし58
公式サイト
少年は旅の最中  ♪  かりゆし58
作詞 : 前川真悟
作曲 : 宮平直樹

少年は行く 遠い空をあてもなく
駆け抜ける風のように
流れる汗を拭いもせず 信じるものだけを信じた 曇りない目

恐れることはひとつもなく
可能性には終わりがなく続く

昨日までの全部 今日が塗り替えていく
誰のものでもない未来

運命線よりも大事なのは 広げた掌をどれだけ伸ばすか

あの少年を覚えてるか 君や僕の中にいる 彼の名前はそう「希望」
悲しみの果て 闇の彼方 どこにいたって見える光 聴こえてくる旋律
胸の奥から

いつしか君は大人になり
思い出を数えてばかりの暮らし

自分をごまかして「ここがゴールなんだ」って
もう傷付きたくないから

夢を奪うだけの現実なら 自分自身の手で風穴を開けろ

まだ少年は旅の最中 本当の君を探している 声の限り叫びながら
諦めを捨て 迷いを捨て 裸のままの情熱に心を焦がして走る 君のもとへ

耳を澄ませば「思い出してくれたかい?」
少年は辿り着いた 今君が笑ったから 新たなドアを開けたから
この旅路はもう君のものだ 世界中のどこへでも 君がそれを望むならば

そう 自由は無限だ 希望は普遍だ 少年は行く 君と共に


ミニ情報
アルバム「8」収録曲
アルバム「とぅしびぃ、かりゆし」収録曲
かりゆし58の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
少年は旅の最中/かりゆし58の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ