瞬き - 飯塚雅弓の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

飯塚雅弓
公式サイト
瞬き  ♪  飯塚雅弓
作詞 : 多田慎也
作曲 : 多田慎也

雨上がりに愛しいあの日々
今 戻らない街は きらきら
いろんなこと 抱えて来た道
でも 全ては輝いてる

虹の坂道 君と駆け上がれば
旅はまだ続いていく どこまでも

時は瞬きだって 風がつぶやいている
心の奥に焼き付けた 記憶は誰のもの?
ふわり 午後の終わり 似てる君の匂いに
遠い過去から知ってたような 気持ちになるのは 何故

息を止めた 君との出逢いの日
ただ 心に歌があふれた
何もかもが 静かに変わってく
でも そばにいてくれたんだね

次のしぐさも わかるほど好きだよ
澄んだ空のような笑顔 抱きしめて

いつも君のセカイで ずっと微笑ってたいよ
大切の意味に気付いたら 帰る昨日はないの
とまる 風と時間に 愛は静寂(しじま)になって
もう何もいらないような 気持ちにさせるの 何故

人込みに繋いだその指
「愛してる」言葉よりもずっと強く

時は瞬きだって 風がつぶやいている
心の奥に焼き付けた 記憶は誰のもの?
ふわり 午後の終わり 似てる君の匂いに
遠い過去から知ってたような 気持ちになるのは 何故


ミニ情報
アルバム「センチメンタルCANDY」収録曲
飯塚雅弓の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
瞬き/飯塚雅弓の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ