ぼくというきみへ 春奈るな 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

春奈るな
公式サイト
ぼくというきみへ  ♪  春奈るな
作詞 : 春奈るな
作曲 : solaya

ちっぽけなきみ ふるえながら
いつも泣いてた
“こんなぼくなんて”
いつも思っていた

ああ 愛したせかいを
だれかに傷つけられて
こころ閉ざした

“ぼくが夢みる せかいをだれも
わかってくれない もどかしい
どうすればいい?
だったらぼくが
大好きなせかいを
嫌いになってしまえば…”
いいきかせてた ずっと

でも心はずっと素直に
生きていたくて
“ほんとはもっと
好きでいたいんだ”

ああ かくしてたきもちが
溢れる おさえきれずに
きみのなかから

もう一度つよく
だきしめたせかいは
あたたかくて やさしい
あの日のまま
見えない腕が きみを包んで
おかえりって わらった
慰めるように そっと

そんなきみのなかから
溢れだした ひかりは
幸福論を さけびだすよ

あの日のきみが いてくれたから
ぼくはこうして 笑ってる
アイを歌って
だからね きみにありがとうって
届けたいよ 届いて

きみというぼくへ
ぼくというきみへ どうか


ミニ情報
アルバム「OVERSKY」収録曲
春奈るなの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
春奈るな「ぼくというきみへ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ