夕顔 CODE-V 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

CODE-V
公式サイト
夕顔  ♪  CODE-V
作詞 : H.U.B.
作曲 : Jin Nakamura

それは 昔 夏の終わりに 落ちた夕顔ひとつ
川の音が風に揺れてた 星のない夜でした

「来年もまた 咲くよ」と言って
手のひらに乗せて 笑った人

会いたい 口にすれば
会いたい 涙になる
会いたい あなたは夢なら いつもあの日のまま

向こう岸に あなたが今も 笑顔でいる気がして
空の上の川を渡れば きっと会えるでしょうか

あれからいくつ 花が咲くたび
あなたの面影 追いかけます

この手に 触れなくても
心は 生きてるから
あなたの声が聞こえてる ずっと胸の奥で

今夜は幾千の 星がきらめいて
あなたと僕をつなぐ
あふれるこの想いが 届いたなら
風を吹かせ 夕顔揺らして

会いたい 口にすれば
会いたい 涙になる
会いたい あなたは夢なら いつもあの日のまま
この手に 触れなくても
心は 生きてるから
あなたの声が聞こえてる ずっと胸の奥で
ずっと胸の奥で


ミニ情報
アルバム「代々木」収録曲
アルバム「CODE-V BEST〜ROKUTOUSEI〜」収録曲
CODE-Vの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
CODE-V「夕顔」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ