TELESCOPE CYLINDER - vistlipの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

vistlip
公式サイト
TELESCOPE CYLINDER  ♪  vistlip
作詞 : 智
作曲 : 瑠伊

アンティーク時計と眠らない街
決して破ってはいけないルール
“愛を忘れた世界”

天体観測でもする様に、君がヒロインとなった映画に涙流した

望遠鏡越しのフィルム
この悲劇の主役は誰だい?

夜が訪れたら月灯りのスポットを浴び、誰よりも輝けば地上から見える筈だ
あまりにも眩しい星座が残酷に浮かぶ
無くした時間だけ刻み込む様に

僕を貫いた回転式の銃
血液を噴き出した奥に想いを隠していた

磔られた僕は足下から火炙りに
怪しく笑みを零し、「燃やし尽くせ。」と彼に告げる

夜が訪れたら月灯りを消し去り、誰よりも輝けば地上から見える筈だ
あまりにも綺麗な星座が残酷に浮かぶ
その一つとなって君に会いたい

取り戻せないモノは何?
-僕に出来ない-
無くした数だけ君の意思次第

懐中時計の魔法は解けた
この願いが君を幸せに導く事を信じて


ミニ情報
アルバム「CHRONUS」収録曲
vistlipの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
TELESCOPE CYLINDER/vistlipの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ