aquamarine - vistlipの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

aquamarine-vistlip
Jword vistlip
公式サイト
aquamarine  ♪  vistlip
作詞 : 智
作曲 : Yuh

望んだ結末なんて来ないのはわかっている
蒸発させた水の底に残る成分“エゴイズム”
最重要で最低なモノだ
決定付ける運命もきっとこれが惑わす
投獄された天国の水槽

一人…二人…足取りを掴んで、視線は未だ興味に変わらない
Invisible

叩き割れないアクリルガラス
閉じ込めとけ
逃げ出しそうな時は、可愛らしいクリオネの様にグロテスクに君が砕け

僕を見れるうちは、全て忘れて欲しい
課せられた使命とでも云っておこう
嫌な事が在ろうが、どんな傷を負おうが、投獄された僕に養分を下さい

独りぼっちだった頃、憶えていますか?
エゴは酸素を奪い尚、恥すら叩き付けて来た
見栄か無口を選んで未来を夢見た
今は君が居る…そうだろう

歓声上がるステージの袖
見守ってくれ
愛しいクラゲ達よ
例え、これが“井戸の中”でも、僕にはその表情がたまらなく嬉しい

少しづつ息が詰まる中で、せめてもの唄を謡いましょう
Acidosis

33分…
もう瞳が見えない
焼き付けなきゃ勿体無いと云うのに
死んだ方がマシな痛みも、君のために我慢

明日が在れば何をするだろう
楽しい事も思い出せないんだろう
それはつまり、悔いが無いんだろう
誇りを持って「幸せでした。」


ミニ情報
アルバム「CHRONUS」収録曲
vistlipの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Antique
星一つ灯らないこんな夜に。
Walking Dead
WIMP
BLACK BOX
BitterSweet Ending
Credit
Underworld
Snowman
Avalanche
aquamarine/vistlipの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ