Making of day1. vistlip 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

vistlip
公式サイト
Making of day1.  ♪  vistlip
作詞 : 智
作曲 : Tohya

朝焼けのホーム
舐めたいロリポップ
君に嘘ついた夜

生者と死者のライン分けた汽車のステーション
誰かを乗せるまで錆びて待っている
次の番だって焦る気持ちを悲しく蒸気にボカす

開かずの踏切で立ち尽くしていたんだ
一つしかないチケットを手に
バイオリンの音が唸って誘い出す胎教音楽
衝動のままに蹴破って逃げた

「誰もが幸せに生まれるの?」
止めてくれないとショゲる不幸者

銀製のスプーンで目玉くり抜いたって、文句すら零さない君が寂しい
「命に代えても。」君の唇癖に何度も無事を祈っていた

開かずの踏切でまたサイレンが鳴って、かき消す様にピアノを弾いた
別れも切り出せないあくどい私は、君の性質利用してしまう

「どうしてもあの星が欲しいの。取って来るまで此処に戻らないで。」

捨てた捨てた
罪に駆られて傷を忘れずに歩こう
「貴女を悪者にはしない。」と、云い聞かされたディナーを思い出す

朝焼けのホーム
舐めたいロリポップ
君に嘘ついた夜
なのに

黒いシルエット
息を整えて、云い付けられたモノを私に渡す
「これをどうぞ…。」って星のロリポップを泣きながら舐めた

「さぁさ、お嬢様。お別れで御座います。」
君は紳士に一礼した


ミニ情報
アルバム「CHRONUS」収録曲
vistlipの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
vistlip「Making of day1.」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ