大陸 - tacicaの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

tacica
公式サイト
大陸  ♪  tacica
作詞 : Shoichi Igari
作曲 : Shoichi Igari

一冊の小説で一杯の鞄の中
手遅れを遮る希望の息

鉛筆の解釈で追い越したいなら
目も眩む程の劣等感の中

動もすれば演者は不在のまま
書き下ろされた合本の群れ
角に打つかれない
角に打つかれない

ここだけが唯―の安心で
僕自身が僕の恩人で
角に打つかりたい
角に打つかりたいと吠えるの

僕は十字架の為に
針金を混ぜて
降りて行く時間の組と狡い雨
それでも世界の音が切り裂けと云う
足りない廊下の上では誰かが泣いた
直に朝が迎えに来る
その前に大陸を動かしてね

行ったり来たりする世界中を頭の中で
今 叫ぶ嵐が心臓の位置
鉛筆を全力で追い越したいから
絵に描いた街では生きられない

諦める演者を詰るのなら
書き残された台本の群れ
角に打つかれない
角に打つかれない

ここだけが唯―の安心で
僕自身が僕の恩人で
角に打つかりたい
角に打つかりたいと吠えるの

僕等 十字架の為に
針金を混ぜて
降りて行こう時間の紐を思いのままに
終わりまで世界の音は切り裂けと云う
足りない廊下の上で もう誰かが泣いても
直に朝が迎えに来る
その前に大陸を動かしてね


ミニ情報
アルバム「HOMELAND 11 blues」収録曲
tacicaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
大陸/tacicaの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ