永遠の朱雪 - Geroの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

永遠の朱雪-Gero
Jword Gero
公式サイト
永遠の朱雪  ♪  Gero
作詞 : hotaru
作曲 : Tom-H@ck

遠い昔の雪の降る時分
箱入りの姫は密やかに逢瀬を重ねていた
男は市井(しせい)の若人 許されぬ愛は
嗚呼、何故に燃えてゆくのか

「今は雅な羽織さえも忌まわしい」
と姫は泣く

「今宵、月と共に逃げてしまおう」
男はいざ、その手を取る
駆け出す背に雪が
積もれど 積もれども
その影は闇夜に深まるばかり

朝、宮人の追っ手が迫れば
男は震える手に力込め刀を振るっていた
嗚呼、覆水は盆に返ることはない
雪に血が降り 愛の火のよう

「愛と罪とが首にきつく辛いの」
と姫は泣く

「此処で立ち止まるわけにはゆかぬ」
男はまた、その手を取る
行先など知れず
歩けど 歩けども
その時は無情に近づくばかり

「一目見た時決まった定めでしょう」
朝霧に笑みが映え
「箱の中では人生(いのち)などなかったの
もう一層 構わずに
そなたと共にどこまでも行きましょう
雪の道を」

「然(さ)らば永遠(とわ)の場所へ共にゆこう」
姫は嬉し 空を仰ぐ
迷いが消えたように
からりと晴れゆく

「さらば、永遠(とわ)の場所でまた会えよう」
男はいざ、刀を取る
震わぬ手で涙拭い
微笑み湛(たた)えた姫の胸に
刀を深く深く突き立てた 嗚呼!


ミニ情報
アルバム「one」収録曲
Geroの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
DREAMER
Farewell
名古屋のデブ
OIRAN UTOPIA
アイ
しゃよう
モノクローム
Love-Letter
道名津
you
永遠の朱雪/Geroの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ