恋愛小説 いきものがかり 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

いきものがかり
公式サイト
恋愛小説  ♪  いきものがかり
作詞 : 水野良樹
作曲 : 水野良樹

「最後に会えてよかった」 あなた優しすぎるのね
悲しい嘘をつけばいいのに つらい言葉で抱き寄せた
駅にはひとりで行くよ 鍵は部屋に置いたまま
いつもその手を離せなかった もう甘えられない

恋もはじまりがあれば 終わりがあると知っていたけど
雨が消してしまうのかな すべてを
ひらり ひらり 夢を 見てた 春が愛しくて

サヨナラ忘れられないひと 思い出にできない 心つよく震えて
あなたに伝えられるのかな この恋の終わりを
わたしは 今 泣いてる 「愛してる」

ふたりではじめて会った 風が生まれたあの道
少し寒くて肩を寄せたね 細い指を抱いてくれた
笑顔で終われるのなら 幸せな結末でしょう
ふたり重ねた時間(とき)が止まるの もう戻れはしない

無垢な子供みたいにただ ときめきだけにじゃれていたね
いつか大人になったこと 気づいて
ゆらり ゆらり 想い 消える 春が悲しくて

サヨナラ忘れられないひと もう会うこともない 声が空に消えてく
わたしは信じられるのかな この恋の向こうを
あなたを 今 みつめた 「愛してた」

サヨナラ忘れられないひと あなたのいない日々 春をひとり生きるの
あなたに伝えられるのかな この恋の“それから”を
わたしは 今 言えるよ 「愛してた」


ミニ情報
アルバム「I」収録曲
いきものがかりの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
いきものがかり「恋愛小説」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ