君といた空 - 上野優華の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

君といた空  ♪  上野優華
作詞 : 斉藤栞
作曲 : 加藤裕介

“泣きたい時は 空に泣けばいい
僕に届くから”

夏の日 二つの影
偶然 手を繋いで見えて
何でも言える 君にも言えない
想い 胸をきつくする

戸惑う顔に 気付いたのかな
卒業しても よろしくって
空に 叫んだ

君がいたから 悲しみさえ
笑えるくらい 強くなれた
二人 別々の道 選んでも
足跡は消えない

季節が 風に揺れて
春の 足音近くなる
未来語った いくつもの空
彩りまで 覚えている

不安や迷い 増えていくけど
夢と自分 捨てないって
空に 誓うよ

君と明日が 恋しいから
俯くことも 忘れられた
二人 それぞれの場所 向かうけど
昨日に迷わない

たとえ何色に 染まっても
空が一つしか ないように
二人 いつまでも 繋がっている
そう 信じて

胸の中から 溢れそうな
想いはまだ 言えないけれど
何より大切な 空をくれた
だから大丈夫

君との約束


ミニ情報
映画「トイレの花子さん 新劇場版」主題歌
アルバム「U colorful」収録曲
上野優華の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
君といた空/上野優華の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ