老人と海 ピロカルピン 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

老人と海  ♪  ピロカルピン
作詞 : 松木智恵子
作曲 : 松木智恵子

海の境界は どこまでだろう
神の見解に さじを投げよう

色あせたマストが壊れた
後ろから見守る天使が 諭すように

太陽と月の目が 見つめている この空に
光る海 揺れる風 暗がりに痩せた犬
太陽と月の母 どこにいるの
目を閉じて
導く 遠い光

空の境界は どこまでだろう
日々の限界に さじを投げよう

世界中探し続けても
変わらないものなどないこと わかってる

心臓と口と目が 怯えている この夜に
光る海 揺れる風 暗がりに泥の船
太陽と海の母 どこにいるの
目を閉じて
浮かべた 泡の痛み

忘れないで まだ 生きているから
思い出して 今 生まれた朝を
未来なんて まだ 先の話さ
まばゆい光が ただよう光が

太陽と月の目が 見つめている この空に
光る海 揺れる風 暗がりに痩せた犬
太陽と月の母 どこにいるの
目を閉じて
届いて 遠い光


ミニ情報
アルバム「太陽と月のオアシス」収録曲
ピロカルピンの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ピロカルピン「老人と海」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ