百年の蝉 北島三郎 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

北島三郎
公式サイト
百年の蝉  ♪  北島三郎
作詞 : 田久保真見
作曲 : 原譲二

季節はずれの 一本杉で
命を終える 蝉を見た
我慢七年 土ん中
お天道様に 逢うまでの
長い苦労を 背負ってないた
一途な姿 胸を打つ

諸行無常と 晩夏の風が
つぶやくように 吹きぬける
落ちてころがる 空蝉(うつせみ)の
やるだけやった 潔(いさぎよ)さ
悔いも迷いも 小さなことと
遙かな空に 諭(さと)される

人の一生 百年ならば
百年叫ぶ 蝉になれ
明日死ぬ気で 生きたなら
今日の重さが 変わるだろ
時の流れに 踏ん張りながら
不動の心 抱いてゆく


北島三郎「百年の蝉」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
北島三郎の人気曲 この歌手の人気曲一覧

♪肩で風きる 王将よりも
男の勝負♪先も見えない 今の世に
男の友情♪「友よ 土の中は寒いのだろうか
にっぽんの歌♪ハァ〜 未来の歌が 待ってましたと
風の坂道♪ころげておちて 逃げるやつ
演歌兄弟♪男同志で 酒呑む時は なりはかまうな
ひとすじ♪花ならば春の 初桜 月なら秋の
北の漁場♪いのち温(ぬく)めて 酔いながら
大漁船♪風がもつれりゃ 吹雪に変わる
風は吹く♪背中押す風 向い風 押して押されて

北島三郎の新曲 この歌手の新曲一覧

幸せ古希祝♪俺とお前で 支え合いながら
みちのく旅情♪群れにはぐれた 一羽のかもめ
にっぽんの歌♪ハァ〜 未来の歌が 待ってましたと
男の夢♪意地を通した 一念が 錆(さ)びた魂(こころ)を
希望坂♪男だったら 性根(しょうね)をすえろ
夢千里♪泥によごれた 雑草も 雪に踏まれりゃ
男華♪汗水ながして 頑張って
幾多の恩♪右も左も わからずに 夢を抱えた
二人三脚、ふたり道♪親と暮らした 月日より
男の勝負♪先も見えない 今の世に

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ