恋アバき、雨ザラし - ダウトの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ダウト
公式サイト
恋アバき、雨ザラし  ♪  ダウト
作詞 : 幸樹
作曲 : 幸樹

ねぇ、紫陽花が綺麗 雨化粧された井の頭
付かず離れずを振りほどいて貴男までたどり着けたわ
ワンルームという愛の巣でお互いの事を見せ合えた
来る記念日を心待ちに 私、幸せでした

なのに貴男が寝ている隙に枕元パンドラの箱を開けた
すいもあまいも ふとした出来心 私は報いを受けたわ

さらば、純情 鮮やかです 傘の華
後の祭りね 恋アバき雨ザラし

ねぇ、貴女はいつから僕を疑っていたのかな
騙し騙しの口づけの後? まさかずっと前から?

朝 目が覚めて見透かす瞳 何も言わなくても もうわかった
溢れんばかりビー玉の雫がまた一つ また一つ こぼれた

修羅場、バラバラ 悪いのは僕の方だ
後の祭りさ こんな僕 腹立たし

最寄り駅まで向うバスの停留所から部屋の窓を眺めていました
あの人に出会ったのなら伝えておいて欲しい 恋なんて暴くものじゃなかった
恋は育むものとようやくわかったのにね気付くのが遅い馬鹿な私
幼気な恋心まで別れたあの場所に置き去りのまま

さらば、純情 鮮やかです 傘の華
後の祭りね 恋アバき雨ザラし

叶うならあの日をやり直したい
戻れぬ二人 後悔先に立たず 恋アバき雨ザラし


ミニ情報
「徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました」6月エンディングテーマ
ダウトの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
恋アバき、雨ザラし/ダウトの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ