三百六十五日 - 中条きよしの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

中条きよし
公式サイト
三百六十五日  ♪  中条きよし
作詞 : しいの乙吉
作曲 : しいの乙吉

三百六十五日 つかみどころのない街で
あなただけを 頼りに生きた 明日(あした)もみずに
三百六十五日 夢を見たのはいつ頃か
思い出せず 街並みれば 季節は冬か
夕暮れの 人混みの中
似たよな声に ふと足とめる
忘れたふりして いただけなのか
心のどこかで 捨てきれない
あなたへの あなたへの 想いが顔を出す

三百六十五日 春が暦の上にくる
心だけは 季節を読めず 過去(むかし)のままか
三百六十五日 あなたの無邪気な笑い顔
見たのは何時(いつ) 遥かな昨日 指折るばかり
この街を 越せないままに
いつしかなれた 独りの暮し
忘れたふりして いただけなのか
心のどこかで 捨てきれない
あなたへの あなたへの 想いが顔を出す

夕暮れの 人混みの中
似たよな声に ふと足とめる
忘れたふりして いただけなのか
心のどこかで 捨てきれない
あなたへの あなたへの 想いが顔を出す


中条きよしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
三百六十五日/中条きよしの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ