三年め 奥山えいじ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

三年め  ♪  奥山えいじ
作詞 : 槙桜子
作曲 : 矢崎一雄

夜風がしみる 屋台の隅で
熱燗二合の 手酌酒
ふた冬越えて 三年め
酔えば聴こえる くにの民謡(うた)
あの娘(こ)は遥(はる)かな 雪の里
胸にみれんが 降りつもる

こぶしが咲けば 根雪もとける
ひと足遅れて 山桜
故郷はなれ 三年め
瞼とじれば ゆき過ぎる
あの娘がたたずむ ホームには
白い花びら 舞っていた

赤ちょうちんの 灯りをおとし
店主(おやじ)がふるまう 仕舞い酒
ふた冬越えて 三年め
いつか馴染んだ 夜の巷(まち)
あの娘に逢いたい 遠い空
俺は心で 春を待つ


奥山えいじの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
奥山えいじ「三年め」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ