山鳩 - まきちゃんぐの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

まきちゃんぐ
公式サイト
山鳩  ♪  まきちゃんぐ
作詞 : まきちゃんぐ
作曲 : まきちゃんぐ

高く積み上げた心のレンガに 小さくてもいいから窓を作ってほしい
毎日僕が教えてあげるよ どんなに空が広くて美しいかを

森の中に迷い込んだ一羽の鳥だね
宿り木のない旅は 君を強くさせるかい

何のために生きていくのなんて言わないでほしい
冷たかった君の手の平を強く握りしめていた

大きな雲が光を阻んで 冷たい雨を降らす日もあるだろう
それでも人が前を向くのは その上の光を知っているからだろう

例えどんな深い闇が待ち受けていても
ずっと変わらず笑顔で超えていけるのなら

何も知らずに生きていけたら 傷つくこともないけど
優しさに触れてしまったなら もう過去には戻れない

枯れるほどの声で 悲しみも歌にしよう

何のために生きていくのなんて言わないでほしい
冷たかった君の手の平を強く握りしめていた

何も知らずに生きていけたら 傷つくこともないけど
優しさに触れてしまったなら もう過去には戻れない

何のために生きていくのなんて言わないでほしい
冷たかった君の手の平が強く握り返していた


まきちゃんぐの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
山鳩/まきちゃんぐの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ