ぎやまん - クラムボンの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

クラムボン
公式サイト
ぎやまん  ♪  クラムボン
作詞 : 七尾旅人
作曲 : 七尾旅人

呼び声がした
社を抜ける
結界を踏んで
垣根を越える

真夏が嘘のよな
雪化粧の庭
あやかしの雪

鬼にも見える
香の木々や
白白白
膨れ上がって

声が聞こえるんだ
ぎやまんのよう
透き通って

『絹雪洞の灯が落つる
硫黄の湯気が忍び込む
わたしの閨までいらっしゃいな
絹雪洞の灯が落つる』

灯が、垣根を越えて来る
結界を踏んだ
しては、ならぬこと
わたしはうたってる
うたうたびに
わたし
鳥になれた

灯が、垣根を越えて来る
結界を踏んだ
しては、ならぬこと
雪を踏みわける音が
少し怖い
少し、嬉しい

音がきこえるんだ
足音にあわせ
うたいましょう

『絹雪洞の灯が落つる
硫黄の湯気が忍び込む
わたしの閨までいらっしゃいな
絹雪洞の灯が落つる』

灯が落つる
落日のよう

わたし、鳥になれた

切り捨てようか
連れてゆこか
切り捨てようか
連れてゆこか
切り捨てようか
連れてゆこか

声が聞こえるんだ
ぎやまんのよう

こっちにきや


ミニ情報
アルバム「LOVER ALBUM 2」収録曲
クラムボンの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ぎやまん/クラムボンの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ