君と僕はそこにいた - AiRIの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

AiRI
公式サイト
君と僕はそこにいた  ♪  AiRI
作詞 : AiRI
作曲 : 宮崎京一

アルバムをめくれば 笑っている僕等がいた
真っ直ぐな瞳で 同じ夢をみてた

ドロだらけになり 時間を忘れるまで
過ごしたあの日は 今でも 光失くさないよね?

駆け抜ける時間の片隅で
僕等だけの放課後が
素直になれた場所なんだ 覚えてるよ
あの一瞬は本当なんだ 君と僕はそこにいた
信じあえたね…嘘じゃなくて あぁ
過ぎていく時、思い馳せて

校舎から見上げる 空はいつも輝いてた
やさしい風の中 僕等を照らしてた

はしゃいだ季節が 通り過ぎたとしても
思い出は 今も 優しく 目を閉じれば巡るよ

薄れゆく記憶の片隅で
鮮やかに残るものは
当たり前のように おどけてた あの頃
あの一瞬を抱きしめながら 大人へと歩いて行く
僕らを見てる空の下で

青い風に吹かれながら
明日を見てた
どこまでも跳べる気がしてたんだ

駆け抜ける時間の片隅で
僕等だけの放課後が
素直になれた場所なんだ 忘れないよ
あの一瞬は本当だった 君と僕はそこにいた
信じあえたね…嘘じゃなくて あぁ
過ぎていく時、思い馳せて


ミニ情報
アニメ「機動戦士ガンダムAGE」挿入歌
アルバム「Color」収録曲
AiRIの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
君と僕はそこにいた/AiRIの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ