4月某日 - 真空ホロウの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

4月某日-真空ホロウ

4月某日

 ♪ 

真空ホロウ

作詞 : 松本明人
作曲 : 真空ホロウ

僕はこの手で罪を犯して
君ははじめて僕を抱いた
温もりのその先で霞んでく笑顔

酸素が抜けた心
“もう君はこの世にいない”

春一番が街を吹き抜けた
あの日の夕暮れに僕を連れ去った
心にもない泪が流れて
気が付けばこの木の下

“僕の汚れた手で何が出来るの?”
君の冷たい手を握って
忘れられぬ温もり 舞い散る桜
吹き止まない風

心にもない泪は溢れて
いくら拭いても拭いきれなくて
汚れた泪も流れ流れて
“つぎの泪は奇麗だといいな”

淡い光 透明の水 土の匂い
いつだって此処に来れば君が包み込んでくれる気がした

ある日の僕と君が歩く街
あの日の桜の木の下に立って
君への想いは此処に流し切って
僕はひとり歩き出す

春一番が 心 吹き抜けた
あの日の夕暮れを呼び覚ますように
君との泪はもう乾ききった
僕はひとり歩き出すんだ


ミニ情報
アルバム「少年A」収録曲
真空ホロウの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
開戦前夜
被害妄想と自己暗示による不快感("N"ew take ver.)
MAGIC
回想列車
CAGE
Tokyo Blue bug
こどものくに

バタフライスクールエフェクト
スノーホワイト
4月某日/真空ホロウの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ