ゼラニウム ゆず 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ゼラニウム  ♪  ゆず
作詞 : 北川悠仁
作曲 : 北川悠仁

六月の雨は少し寂しげで 花達も光を待っているよう
どうして一人いってしまったの 時にあなたを責めたりもした

浮かんでは消えていく記憶の中 涙が枯れるほど泣いて
それでも最後に残るのは 世界で一番優しいあの声

緑の中を あなたを追いかけた いつしか二人は溶け合い 空に舞う

水たまりの上はしゃぐ子供達 家路に向かいかけ抜けて行く
もうどれくらいこの部屋で一人 繰り返す日々を重ねてきただろう

窓の外雨上がりの空には 静かに夕陽が沈んで
一日の終わりを告げる頃 「ただいま」「おかえり」小さく呟く

緑の中を あなたを追いかけた いつしか二人は溶け合い 空に舞う

いつか私も旅立つ時 必ずあなたの元に行くから
その時は迷わずに抱きしめて そして私を褒めて
ゼラニウムが揺れている
風の中で あなたが微笑んでる


ミニ情報
アルバム「LAND」収録曲
ゆずの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ゆず「ゼラニウム」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ