1977 GRAPEVINE 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GRAPEVINE
公式サイト
1977  ♪  GRAPEVINE
作詞 : 田中和将
作曲 : 亀井亨

愛してたと云った
愛してたと云ったのは聞こえた
なのにふっと流されてった

これが最後のシーンだって思えないが
ほら最後のメロディーが鳴ってる
これが最後のセリフなんて思えないが
刻まれるのはこんなもので

慣れてきたものの
日差しはいつかの風を運んで
すぐに夏を連れてきそうだ

ここで最後のメロディーが流れたら
この醒めたふりも水の泡
ここで再会するような大団円はない
けど他に展開はないのかい

愛してたと云ったとこで
響くRidin' in my car
映画みたいだなんて笑って

これが最後のシーンだって思えないが
ほら最後のメロディーが鳴ってる
これが最後のセリフなんて思えないが
憶えてるのはこんなもので


ミニ情報
アルバム「愚かな者の語ること」収録曲
GRAPEVINE「1977」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
GRAPEVINEの人気曲 この歌手の人気曲一覧

吹曝しのシェヴィ♪時が過ぎ変わるものあれば
恋は泡(うたかた)♪待合わせた場所は群れの中
女たち♪彼女言った「恨んじゃいない」って
RAKUEN♪子供達の願いはどこか遠くの歌になった
ANATA♪花は散ってゆく 季節は去ってゆく
虎を放つ♪ここまで来たのなら覚悟はいいかい
サクリファイス♪かえすがえすもあきれるのは
指先♪ただ重なった事が 目の前を塗り潰しやがる
死番虫♪嘘でしょう嘘でしょう嘘でしょう
BLUE BACK♪アメリカの真似 絵になってる

GRAPEVINEの新曲 この歌手の新曲一覧

ソープオペラ♪あと五秒でドラマが終わる
これは水です♪Words, words, words ほとんど無限にあった
Chain♪覚えた憶えた忘れることを
レアリスム婦人♪このまま絡まり合い かかる交差点
楽園で遅い朝食♪斯くして旅路は 続けられたのであった
The milk (of human kindness)♪泣かないでレイディ 病まないでレイディ
世界が変わるにつれて♪過剰の中の無 途上にいたわたしなど
こめかみ♪きみを守るのは誰 逃げるのは卑怯じゃない
聖ルチア♪むべなるかな明日になれど本気出せない
Arma♪見ていたのは 今居る場所のまだ向こう

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ