にちよう陽 - AZUMA HITOMIの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

にちよう陽-AZUMA HITOMI
Jword AZUMA HITOMI
公式サイト
にちよう陽  ♪  AZUMA HITOMI
作詞 : AZUMA HITOMI
作曲 : AZUMA HITOMI

冬になるといつも思うんだ
夏ってどんなだったっけ
秋になればなんとなくそろり
離れてったふたり

朝目覚めたら好きな teaより 君をあっためたいよ

今度こそたのしくなれる
もういいかい もういいよ
でもみつけにきてくれなかった

にちよう陽寝転んで
君に会いたいまだ会いたい
ソファの上まどろむ午後に
会いたいまだ会いたい
こうして夢のなか

冬になるといつも思うんだ
夏ってどんなだったっけ
夜になれば明日へとさらり
時間は流れ出す

くるまったお気に入りの毛布 君のにおいがする

何度でも冷めないように
くっついた とけ合った
おなじようにまた春は来るの

にちよう陽寝転んで
君に会いたいまだ会いたい
ソファの上ひとり隠れて
会いたいまだ会いたいこうして

にちよう陽沈んでく
君に会いたいまた会いたい
思い出はぎゅっと丸めて
会いたいまた会いたい
こうして夢のなか


ミニ情報
アルバム「フォトン」収録曲
AZUMA HITOMIの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
東京
east
かさぶたとチェリー
walk
太陽をみていた
無人島
破壊者アート
ドライブ
情けない顔で
きらきら
にちよう陽/AZUMA HITOMIの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ