太陽をみていた AZUMA HITOMI 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

AZUMA HITOMI
公式サイト
太陽をみていた  ♪  AZUMA HITOMI
作詞 : AZUMA HITOMI
作曲 : AZUMA HITOMI

草の上寝転んだふたり
まぶしそうに 手をかざし
太陽に背を向けて

静かにキスをした
冷たい 頬をすべらせてかさなる笑顔

長い間 同じ夢みてた
丸い穴があいてる
あなたの真ん中に
太陽の残像

ふり向けばオレンジ色
影揺れて 二つのおうちへ伸びていく

何度も手を振った
離れない 染まった横顔小さくなっても

ゆっくり微笑んで 一緒に帰るの
それがあなたの望みだった

長い間 同じ夢みてた
はなした手と手は
まだ戸惑ってるんだな

長い間 太陽に抱かれて
丸い穴があいてる
わたしの真ん中に
あなたの残像


ミニ情報
アルバム「フォトン」収録曲
AZUMA HITOMI「太陽をみていた」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
AZUMA HITOMIの人気曲 この歌手の人気曲一覧

きらきら♪君は今 孤独の耳栓をしてふとんの模様をなぞってる
②太陽をみていた♪草の上寝転んだふたり
east♪東の空の彼方の手前で
にちよう陽♪冬になるといつも思うんだ
Down By The Salley Gardens♪Down by the salley gardens
おなじゆめ♪開け放しの窓から 灯りはおだやか
ハリネズミ♪捨てたはずの不安の種が
ヒーロー♪ビルの谷間を駆け抜け
情けない顔で♪情けない顔で 深刻そうにしないで
ドライブ♪呼吸をするたびに溢れてゆく未来

AZUMA HITOMIの新曲 この歌手の新曲一覧

にちよう陽♪冬になるといつも思うんだ
東京♪改札を抜けて待ち合わせしたなら
east♪東の空の彼方の手前で
かさぶたとチェリー♪静かに待ってもはじまらないね
walk♪空の青にも闇の謎にも染め抜かれたアスファルト
太陽をみていた♪草の上寝転んだふたり
無人島♪こんくらいなら大丈夫
破壊者アート♪開いたままの口が 塞がらないのなら
ドライブ♪呼吸をするたびに溢れてゆく未来
情けない顔で♪情けない顔で 深刻そうにしないで

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ