路地あかり 北山たけし 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

北山たけし
公式サイト
路地あかり  ♪  北山たけし
作詞 : 田久保真見
作曲 : 弦哲也

人に言えない さびしさ抱いて
ながす涙の 意味を知る
肩がぶつかる 路地裏の
あかりみたいな 女(ひと)だった
酒におまえが 浮かんで消えて
飲み干す夜が ほろ苦い

あの日おまえに 別れの言葉
酒の力で 切り出した
こんなおれには 安らぎが
きっとこないと 思ってた
詫びる言葉も 言えないままで
見上げる月を 胸に刺す

風におまえの うわさを聞いて
さがし続ける 夜の街
苦労背負った その肩を
そっと包んで やりたいよ
まるで哀しい 笑顔のように
心にゆれる 路地あかり


北山たけしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
北山たけし「路地あかり」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ